ピカ☆マイ ニュース

『君スタヒロイン総選挙』課題台本公開

いつもピカ☆マイを応援して頂き、誠にありがとうございます。


1月19日(土)19:00~ワンライブ劇場で行う
『君スタヒロイン総選挙』の
実演の際に使われる課題台本をお伝えさせて頂きます。


※なお、この台本は実際に『君だけのスターになりたくて』で使われる第1話、第2話の抜粋となります。
ご了承ください。










☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…

『君だけのスターになりたくて』第1話抜粋

 公園。

    ベンチでは愛を語り合うカップル。

    (お芝居はお任せしますので、面白く愛を語り合ってください。尺は20秒から30秒)

    鈴木と優奈が歩いてくる。

鈴木「コペルニクスをハーバード大学にかければいい感じになるんですよ。ですが、ここで注意しなければいけないのはドロドロミックスなんですよ。まあ、そんな感じです。」

優奈「確かに、ドロドロミックスはフォージュンになるからね。」

鈴木「梅宮さん、よくわかってますね。そうなんです。まあ、フォージュンも時間が経てば解けますけどね。」

優奈「へ~~、鈴木君、本当ゲームの事すごいね。」

鈴木「いや、梅宮さんもなかなかのもんですよ。」

優奈「そういってもらえると嬉しい。私も鈴木君みたいにゲーム上手くなれるかな?」

鈴木「(嬉しそうに)あはははは、大丈夫だと思いますよ・・。ただ、梅宮さんはヤドカリハンター攻略法第七巻をちゃんと隅々まで読む必要がありますね。」

優奈「ありがとう、じゃあ、読んでみるね。」

鈴木「うん。」

優奈「あとさ、私の名前下の名前で呼んでくれない?」

鈴木「えっ、いや、でもそれは・・・。」

優奈「いいじゃん。そっちのほうが近い感じするし。」

鈴木「まあ、・・・」

優奈「ちょっとさ、私の名前「ゆっちゃん」って呼んでよ。」

鈴木「いや、でも・・。」

優奈「大丈夫だって・・。それに私も鈴木君の事下の名前で呼ぶから。」

鈴木「え?」

優奈「(かわいく)・・育三君::。」

鈴木「いや、ははははは。」

優奈「ほら、育三君も私の名前呼んでよ。」

鈴木「・・ゆっ・・ちゃん・・。」

優奈「うふ、ありがとう。」

鈴木「・・ほええええええええ・・・。」

優奈「・・うふ、うふふふふ。」

       優奈は時計を見る。

優奈「じゃあ、私、ここで彼氏と待ち合わせしてるから先に帰ってていいよ。」

鈴木「あっ、うん、(はっとして)えええええ、彼氏?!」

優奈「そうだよ。」

鈴木「ゆっちゃん彼氏いるんですか?」

優奈「そうよ、もう付き合って半年になるんだよね。」

鈴木「(信じられない表情)・・!!」

     ×   ×    ×

     (鈴木の心の中のイメージシーン)

     ベートーベンの運命が流れる。

鈴木「ええええ!う、う、う、・・・・・うそでしょううううううう!!!ゆっちゃんに彼氏が~~~」

      一同出てきて、ゆっちゃんに彼氏がいるという歌をベートーベンに合わせて歌う。

      その時なぜか鈴木は指揮者をやっている。



☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…




『君だけのスターになりたくて』第2話抜粋


カラオケを終えて・・。

       遊園地入り口前

       一同の姿。

       「じゃあね~」と守男とぴーちぇるは帰っていく。

ターボー「じゃあな、ゆっちゃん。」

ゆっちゃん「うん。」

安奈「ゆっちゃん、私がちゃんとタークンの面倒見るから安心しててよ。」

ゆっちゃん「・・うん。」

ターボー「育三君、ゆっちゃんを僕の代わりに幸せにしてやってくれよ・・。」

育三「あ、いや、はい・・。」

安奈「じゃあね~。」

ターボー「じゃあな~。」

育三「ああ、お疲れ様です。」

     育三だけは手を振っている。

間。

ゆっちゃん「(呆然としている)・・。」

ゆっちゃん「(八つ当たり気味に)あのさ、せっかく私達付き合ってるってターボーに嘘ついてまで話したんだから、それなりの男になってよね。私、恥ずかしかったでしょ?」

育三「ごめん・・。」

ゆっちゃん「それに、あのカラオケ何よ!あんな雰囲気でマジンガーZ歌うなんて・・。もう、いやになっちゃう・・。」

育三「僕はなんてことをしてしまったんだ・・。ごめんなさい!!本当にごめんなさい!!」

ゆっちゃん「もう、育三君なんて大っ嫌い!!」

育三「・・。」

      間

ゆっちゃん「育三君、私ね、まだあの人の事、忘れられてないみたい・・。」

育三「・・・そうですか。」

ゆっちゃん「でもね、私、絶対にピカマイで成功して見せるから・・。」

育三「・・。」

ゆっちゃん「絶対にあんな奴、見返してやるんだから!!」

育三「うん!!」

ゆっちゃん「絶対に絶対に見返してやるんだから~!!」

育三「・・。」


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…



果たして、立候補者たちがどんな芝居をみせるのか。
ぜひ、楽しみにして頂けたらと思います!!!


ピカ☆マイ事務局