ルパンの娘

ルパンの娘2主題歌オープニングだれ?挿入歌やBGM担当は?

ルパンの娘2主題歌オープニングだれ?挿入歌やBGM担当は?
Pocket

2019年夏ドラマ『ルパンの娘』深田恭子さんが主演で、子供から大人まで大人気でした。

その『ルパンの娘』の続編が、10月15日(木)10時から放送スタートとなりますね。

前作『ルパンの娘』では、主題歌はサカナクションさんの『モス』でした。

耳に残る音楽で、何度も口ずさんでしましましたよね?

挿入歌もノリのいい音楽で、『ルパンの娘』をとっても盛り上げてくれました!!

では、今回の『ルパンの娘2』ではオープニングの主題歌は誰なんでしょう?

また、挿入歌やBGMなど、他の音楽は誰が担当するのでしょう?

というわけで、今回はドラマ『ルパンの娘2』主題歌オープニングだれ?について調べ、挿入歌やBGMについて調査していきたいと思います。

最後までお付き合いいただけたら嬉しいです!

 

ルパンの娘2主題歌オープニングだれ?

もうおわかりですね!?

ドラマ『ルパンの娘2』の主題歌も、前作『ルパンの娘』に引き続き、サカナクションさんが担当されます!!

拍手!!!

前作のイメージを壊さずにサカナクションさんが担当されるのは、とっても嬉しいです♪

『ルパンの娘2』初回からノリノリでストーリーに入っていけますねぇ。



サカナクションとは?

■ボーカル&ギター:山口一郎(やまぐちいちろう)

1980年9月8日生まれ小樽市出身、ほとんどの作詞作曲を担っている。

■ギター:岩寺基晴(いわでらもとはる)

1981年3月11日生まれ小樽市出身、サカナクション結成前は「ダッチマン」というバンドのメンバー(ボーカルの山口らと共に)

■ベース:草刈愛美(くさかりあみ)

1980年4月30日生まれ、東京都出身、以前組んでいたいたバンドの解散後から加入。

札幌のインディーズでは有名だったそうだ。

■キーボード:岡崎英美(おかざきえみ)

1983年10月5日生まれ、小樽市出身、山口のバイト先(レコード店)の先輩。

■ドラムス:江島啓一(えじまけいいち)

1981年7月8日生まれ、小樽市出身、知人の紹介で加入。

以前所属していたバンド名は「刀狩り」

2005年に山口と岩寺が「サカナクション」として活動を開始し、その後他のメンバーを誘い2007年にメジャーデビュー。

全国ツアーはチケットが常に完売、大型野外フェスで出演しているほとんどが主役で登場するなど、今の音楽シーンを代表するロックバンド。

また、音楽だけでなく、ファッション、アートなどカルチャー全般の新しいカタチを発信するプロジェクト「NF」を恵比寿LIQUIDROOMで定期開催。

2015年には映画「バクマン。」の主題歌で第39回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。

2016年7月17日には地元北海道にて、野外でイベント「SAKANATRIBE」を開催。

独特でかつ多彩なアプローチするサカナクションは、音楽の評価が高いながらも、音楽以外のカルチャーの発展にも力を注ぐ姿が、多くの人の気持ちをつかんでいると話題になっています。

 

ルパンの娘2の挿入歌やBGM担当はだれ?

ドラマ『ルパンの娘2』の音楽担当は、まだ公式には発表されていませんでした。

でも、今作『ルパンの娘2』の演出は、前作『ルパンの娘』と同様に武内秀樹監督、脚本も前作同様に徳永友一さんが担当するそうです。

しかも、主題歌も前作同様にサカナクションさんの「モス」が決まっています。

ということは、きっと、おそらく、音楽担当も前作同様にFace 2 fAKEさんになるのではないかと予想できます。

Face 2 fAKEさんといえば、ドラマ「電車男」、「砂の器」、映画「翔んで埼玉」で活躍されています。

映画「翔んで埼玉」は、武内秀樹監督が「第43回日本アカデミー賞優秀監督賞」、徳永友一さんが「第43回日本アカデミー賞優秀脚本賞」を受賞されています。

この繋がりをみると、やっぱり、Face 2 fAKEさんが音楽を担当されるのでしょうね。

また、あのインパクトのある音楽が使われると考えるとワクワクします♪

 

Face 2 fAKE(フェイス・トゥー・フェイク)とは?

■Oh!Be(大羽義光/オオバ ヨシミツ)

東京生まれ、母親はシャンソン歌手、叔父は讃美歌作者。バンド活動は中学生のころから。

15歳頃から作曲に打ち込み、テクノポップを取り入れた作品を制作。

1982年日本ポップスの第一人者の筒美京平と運命の出会いをし、作家としても活動を開始。

1985年NYへ行きCM音楽レコーディングスタイルを学び、帰国後に山里剛氏に気に入られ作家デビュー。

その後沢田研二、荻野目洋子らに楽曲を提供。

ブラックミュージックに興味を持ってからは、オーストラリアでレゲーバンド活動。

帰国後にAchilles Damigosに出会う。

■Achilles Damigos(アキレス ダミゴス)

ギリシャ生まれで、父はギリシャとイタリアの血筋を持ち、母は日本人。

13歳から独学でピアノを始める。

尚美学園大学作曲科で学び、大学コンクール作曲部門3等を受賞。

ベーシストMichael Mcglynnと Brand New Colorを結成し、メジャーデビュー。

1990年から松田聖子や石田ひかりらに楽曲を提供。

CM音楽の作曲や財津和夫らにも作・編曲も担当。

矢野誠らに才能をかわれ、スタジオ・ワークをこなすように。

1995年Oh!Beと「Face 2 fAKE」を結成。

1994年、音楽プロデューサーのAchilles DamigosとOh!Beによって結成された日本国内初の音楽プロデューサー・ユニット。

ジャンルを超えて、J-Pop、サウンドトラック等、幅広い音楽の創作活動をしている。

ブラックミュージック、ロック、ポップス、ジャズ、クラシック、ダンスミュージックなど、多彩な音楽スタイルをこなす。

KinkiKidsやSMAPの曲等を作曲し、ヒット・ソング・メーカーとなった。

 

まとめ

ドラマ『ルパンの娘2』の主題歌オープニングだれ?挿入歌やBGM担当は?ということで、お送りしてきました。

ドラマ『ルパンの娘2』の主題歌は、前作に引き続き、サカナクションさんの「モス」に決定しています。

独特の世界観に引き込まれて、いつまでも耳に残る素敵な曲ですよね。

『ルパンの娘2』の音楽担当は、おそらく、音楽プロデューサー・ユニットのFace 2 fAKEさんではないかと思います。

三雲華役の深田恭子さんが変身する時の痛快な音楽が最高です。

Lの一族が活躍する時、BGMがストーリーにマッチしていて、本当にワクワクしますよね。

また、あの世界観を楽しみましょう♪

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。