大豆田とわ子と三人の元夫

大豆田とわ子と三人の元夫キャスト相関図や内容は?松たか子と松田龍平が再共演で注目

大豆田とわ子と三人の元夫キャスト相関図や内容は?松たか子と松田龍平が再共演で注目

Pocket

今回は、「大豆田とわ子と三人の元夫キャスト相関図や内容は?松たか子と松田龍平が再共演で注目」をお届けいたします。

松たか子さん主演のフジテレビ系ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』が、2021年4月(火曜午後9:00~)にスタートします。

松たか子さんは4年ぶりの地上波連続テレビ主演ですが、4年前の作品と言えば、2017年TBSドラマ『カルテット』。

『カルテット』は、「ギャラクシー賞」などの数々のドラマ賞を受賞した作品で、脚本家・坂元裕二さんが手がけたものです。

坂元裕二さんは、現在大ヒット中で話題の映画『花束みたいな恋をした』(菅田将暉さんと有村架純さんがW主演)も担当しています。

今回のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』も、脚本家・坂元裕二さんと松たか子さんがタッグを組みます。

そして、『カルテット』で共演していた松田龍平さんも出演するということで、さらに注目が集まっています。

ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』のキャスト相関図や内容が気になるところですよね?

そこで今回は、「大豆田とわ子と三人の元夫キャスト相関図や内容は?松たか子と松田龍平が再共演で注目」をお送りしようと思います。

 

大豆田とわ子と三人の元夫キャスト

まずは、ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』のキャストを紹介していこうと思います。

現在『大豆田とわ子と三人の元夫』で決定しているキャストは松たか子さん、松田龍平さん、角田晃広さん(東京03)、岡田将生さんです。

他のキャストの方はわかり次第お知らせします。

それでは、現在発表になっているキャストの皆さんを一人ずつ紹介していきます。

 



松たか子:主人公・大豆田とわ子(40)役

<松たか子のプロフィール>

  • 生年月日:1977年6月10日
  • 出身地:東京都
  • 身長:165㎝
  • 血液型:A型
  • 家族: 佐橋佳幸(夫)、二代目松本白鸚(父)、十代目松本幸四郎(兄)、八代目市川染五郎(甥)
  • 事務所:スイングバイ

二代目松本白鸚と藤間紀子の末子として生まれ、1993年歌舞伎『人情噺文七元結』で初舞台、1994年NHK大河ドラマ『花の乱』でテレビドラマに初出演。

1996年『ロングバケーション』、1997年『ラブジェネレーション』、そして2001年『HERO』と、フジテレビ系列の月9ドラマにいずれも木村拓哉と共演し、30%前後の高視聴率を記録。

ミュージカルでは新橋演舞場史上最年少座長(21歳、1999年『天涯の花』)、NHK紅白歌合戦では史上最年少司会(19歳、1996年の記録を持っている。

2014年ディズニー映画『アナと雪の女王』に声優として主演、また歌唱を担当した同作品の日本語吹き替え版劇中歌『レット・イット・ゴー』はフル配信100万DLを達成。

2017年に主演した連続ドラマ『カルテット』(脚本・坂元裕二、共演・松田龍平)と共に数多くの賞を受賞し、演技力の高さで好評価を受けた。

 

松田龍平:最初の夫・田中八作(はっさく)(40)役

<松田龍平のプロフィール>

  • 生年月日:1983年5月9日
  • 出身地:東京都
  • 身長:183㎝
  • 血液型:B型
  • 家族: 松田優作(父)、松田美由紀(母)、松田翔太(弟)、ゆう姫(妹)、熊谷真実(伯母)、秋元梢(義妹)
  • 事務所:オフィス作

小学校からサッカーを始め、イタリア・セリエAのジュニアチームのゴールキーパーとして、参加した経験を持つ。

大島渚監督の目にとまり、1999年映画『御法度』でデビュー、日本アカデミー賞など数々の新人賞を受賞。

2013年映画『舟を編む』では、国内の主演男優賞を総なめにした。

2017年ドラマ『カルテット』で松たか子と共演し、別府司役の自然な演技で高い評価を得ている。

 

角田晃広(東京03):二番目の夫・佐藤鹿太郎(かたろう)(45)役

<角田晃広のプロフィール>

  • 生年月日:1973年12月13日
  • 出身地:東京都
  • 身長:172㎝
  • トリオ名:東京03(ボケ担当・コント)
  • 事務所:プロダクション人力舎


1996~2002年お笑いトリオ・プラスドライバー所属、2003年東京03を結成。

2009年「若者たちへ」の楽曲で大竹マネージャーと組みメジャーデビュー。

2016年映画『オー・マイ・ゼット』で初主演。

最近は『さとふる』のCMや、2020年ドラマ『半沢直樹』で三木重行役を好演している。

 

岡田将生:三番目の夫・中村慎森(しんしん)(31)役

<岡田将生のプロフィール>

  • 生年月日:1989年8月15日
  • 出身地:東京都
  • 身長:181㎝
  • 血液型:AB型
  • 事務所:スターダストプロモーション

中学2年生の時に原宿でスカウトされたが、部活(バスケットボール)に夢中だったため断るが、高校進学後に事務所と連絡を取り芸能界入り。

2008、2009年『魔法遣いに大切なこと』、『重力ピエロ』、『ハルフウェイ』、『ホノカアボーイ』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』の主役級の映画出演により2009年数々の映画賞の新人賞を受賞する。

2010年映画『悪人』、『告白』で日本アカデミー賞優秀助演男優賞。

爽やかな役から癖のある役まで演じ分け、2021年ではドラマ『書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜』では、わがままなスター八神隼人役を好演。

 

大豆田とわ子と三人の元夫キャスト相関図

Coming Soon

 

大豆田とわ子と三人の元夫の内容

脚本家・坂元裕二さんの新ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の内容を紹介しますね。

松たか子さん演じる大豆田とわ子(40)は、3度結婚して3度離婚しているバツ3の女性で、建設会社の社長。

とわ子は、明るく、ユーモラスで、キュートな女性で、最初の夫との娘で中学3年生の唄(うた)と2人暮らし。

とわ子のことを忘れられない三人の元夫として松田龍平さん、角田晃広さん(東京03)、岡田将生さんが出演します。

最初の夫は松田龍平さんが演じる田中八作(はっさく)(40)であり、レストランのオーナー兼ギャルソンで、とわ子との娘・唄の父親。

八作は優しいモテ男で、時々面倒なことに巻き込まれてしまいます。

2番目の夫は角田晃広さん(東京03)演じる佐藤鹿太郎(かたろう)(45)で、腕のいいファッションカメラマン。

鹿太郎はとわ子のことが好きで好きでたまらないけれど、器が小さすぎる男です。

3番目の夫は岡田将生さん演じる中村慎森(しんしん)(31)は、エリート弁護士でとわ子の会社の顧問弁護士。

慎森は理屈っぽくて、ひねくれ者。

とわ子が三人の元夫たちに振り回されながら日々奮闘する姿が、くすっと笑えて、泣けて、時々身につまされる、脚本家・坂元裕二さんワールドのロマンチックコメディーです。

 

まとめ

今回は、大豆田とわ子と三人の元夫キャスト相関図や内容は?松たか子と松田龍平が再共演で注目をお送りいたしました。

ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』で決定しているキャストは松たか子さん、松田龍平さん、角田晃広さん(東京03)、岡田将生さんです。

『大豆田とわ子と三人の元夫』の相関図は公式発表があり次第お知らせいたします。

ドラマの内容は、松たか子さん演じるとわ子が三人の元夫たち(松田龍平さん、角田晃広さん、岡田将生さん)に振り回されるロマンチックコメディーです。

個性豊かなキャスト4人のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』楽しみですね。

大豆田とわ子と三人の元夫キャスト相関図や内容は?松たか子と松田龍平が再共演で注目を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。