るろうに剣心

るろ剣映画の順番は?全シリーズを無料視聴する方法も紹介

るろうに剣心の映画の順番は?あらすじや全シリーズを無料視聴する方法も紹介
Pocket

この記事は、るろ剣映画の順番は?全シリーズを無料視聴する方法も紹介といった内容をお届けしていきます。

るろ剣こと、映画『るろうに剣心』最終章のThe Finalが2021年4月23日、The Beginningが6月4日に公開されましたね!

さて、るろ剣映画の最終章The Finalと、The Beginningを観る前に、もう一度『るろ剣』シリーズ前3作品のあらすじをおさらいしておきたいところですね!

そこで今回は、まず『るろ剣』シリーズの順番はどの順番なのか?

そして『るろ剣』シリーズ前3作品や、最終章のThe Final、The Beginningのあらすじ、さらには無料視聴する方法もご紹介していこうと思います。

それでは、るろ剣映画の順番は?全シリーズを無料視聴する方法も紹介を始めていきたいと思います。

 

るろ剣映画の順番は?

『るろ剣』映画は、基本、下記順番で見ればOKです!

  1. 『るろうに剣心』2012.8.25 公開
  2. 『るろうに剣心 京都大火編』2014.8.1 公開
  3. 『るろうに剣心 伝説の最期編』2014.9.13 公開
  4. 『るろうに剣心 最終章 The Final』2021.4.23 公開
  5. 『るろうに剣心 最終章 The Beginning』2021.6.4 公開

※①~③:前3作品、④⑤:最新作

ですが、『るろ剣 最終章 The Beginning』を映画館で見てきましたが、『るろ剣 最終章 The Final』と逆でも良かったのではないかと思いました。

なぜなら、『るろ剣 最終章 The Final』中で、『るろ剣 最終章 The Beginning』のネタバレがほぼほぼされていたので、最終章 The Beginningを見た後になんか腑に落ちない気持ちになりました・・・。

逆で良かったのでは・・・・(>_<)

私以外にも、『るろ剣 最終章 The Final』と『るろ剣 最終章 The Beginning』が逆でよかったんじゃない?って思っている方が多いみたいなので、みんなの声も見ていきましょう。

 



るろ剣映画の順番は逆のほうが良かったとの声

 

 

 

 

『るろ剣 最終章 The Final』と『るろ剣 最終章 The Beginning』が逆でよかったかも、と思っている方は結構いました。

他には「逆に見てしまったけど、その方が分かりやすかった」とのコメントもいくつかみられました!

でも、どっちから見ても面白いことは間違いないので、るろ剣最終章を見に行く前に、過去作品をおさらいしていきましょう!

 

るろ剣映画のあらすじをおさらい!

それでは、過去の映画『るろ剣』3シリーズのあらすじを、順番におさらいしていきましょう!

 

映画『るろ剣』シリーズ1のあらすじを紹介

それでは、映画『るろ剣』シリーズ1のおさらいをしていきましょう!

時代は約140年前、幕末の日本。

佐藤健さん演じる『人斬り抜刀斎』(最強の暗殺者)と人々から恐れられていた人物がいた。

その男は、一対多数の戦いにめっぽう強い侍。

ひとたび刀を抜くと、刀さばき、足さばきとも、誰も抜刀斎にかなう者はいなかった。

明治になり、抜刀斎は流浪人・緋村剣心として静かに暮らしていたが、新しい時代になってもまだ世の中は荒れていた。

剣心の大切な人々の生活を守るため、日本の平和を強く望み、剣心は再び立ち上がる。

もう人を殺さないと、逆刃刀(斬れない刀)を手にした剣心は人々を守り切れるのか・・・。

≫U-NEXTの無料トライアルでるろ剣を見る!

 

映画『るろ剣』シリーズ2のあらすじを紹介

それでは、映画『るろ剣』シリーズ2京都大火編のあらすじをおさらいしていきましょう!

『人斬り抜刀斎』として名をはせていた緋村剣心(佐藤健さん)。

明治時代になり、神谷道場師範の神谷薫(武井咲さん)たちと静かに暮らしていた。

そんな中、明治政府から剣心の後継者である志々雄真実(藤原竜也さん)が日本を我が物にしようと、人々が震え上がるような悪事を働いていることを聞かされ、暗殺するよう命じられる。

志々雄は、かつて明治政府のために尽力したにもかかわらず裏切られ、命をも奪われたはずだった。

しかし志々雄は生き延び、京都で勢力を伸ばしていた。

剣心は志々雄を止めるのは自分の務めと、薫たちに別れを告げる。

剣心は凶悪な志々雄と顔を合わせるが、今や剣心は志々雄の手下の瀬田宗次郎(神木隆之介さん)にも歯が立たず、唯一の刀の逆刃刀が折られてしまう。

その頃、同じく明治政府に裏切られた元御庭番衆の四乃森蒼紫(伊勢谷友介さん)は、怒りの矛先を剣心に向けていた。

剣心の仲間が集結するものの、剣心の仲間はごく少数。

剣心に立ちはだかる多くの敵たちに、逆刃刀を失った剣心はどのように向かっていくのだろうか・・・。

≫U-NEXTの無料トライアルで「るろ剣京都大火編」を見る!

 

映画『るろ剣』シリーズ3のあらすじを紹介

それでは、映画『るろ剣』シリーズ3伝説の最期編のあらすじをおさらいしていきましょう!

日本を乗っ取ろうとする志々雄(藤原竜也さん)を止めるため、京都に向かった剣心(佐藤健さん)は、東京へ手を伸ばす志々雄らの甲鉄艦へ乗り込んだ。

志々雄の手下に暗闇の海に突き落とされた薫(武井咲さん)を救うため、剣心は海に飛び込むが見つけることができない。

気を失い岸に打ち上げられていた剣心は、師匠・比古清十郎(福山雅治さん)に助けられる。

剣心は志々雄を倒すために、清十郎に奥義の伝授を願い出る。

その頃、志々雄は剣心が生きていたことを知り、明治政府に剣心を人斬り抜刀斎時代の罪で公開処刑にするよう命令する。

剣心は日本を揺るがす凶悪な志々雄を倒し、薫と再会することができるのであろうか。

≫U-NEXTの無料トライアルで「るろ剣伝説の最後編」を見る!

 

るろ剣映画全シリーズを無料視聴する方法を紹介!

『るろ剣最終章』を映画館に観に行く前に、もう一度映画の全シリーズをイッキ見できたらいいなぁと思う方も多いはず。

現在、映画『るろ剣』が見放題の動画配信サービス(VOD)はなく、レンタル作品になっています。

各動画配信サービス(VOD)での配信状況は下記になります。

動画配信サービス 配信の状況 無料視聴期間
U-NEXT
31日間
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS 30日間
Hulu × 2週間
FODプレミアム × 2週間
Paravi × 2週間
Amazonプライムビデオ 30日間
dTV 31日間

*2021年7月時点での情報です。

私は、映画『るろ剣』をもう一度復習したかったので、全シリーズをイッキ見しました!

結論から言うと、イッキ見するのにオススメなのは、『U-NEXT』です。

なぜ、U-NEXTがオススメかというと、無料トライアルを体験すると600ポイントがもらえるからです。

U-NEXTでは、映画『るろ剣』の3シリーズは有料のレンタル配信となりますが、各シリーズを199ポイントで見ることができるので付与された600ポイントの範囲内で映画『るろ剣』の3シリーズを見ることができちゃうんです!

さらに、アニメ版のるろ剣については見放題となっているので、映画と共にイッキ見する事が出来ます。

他に、漫画も見ることができ、感動の完結巻の明治剣客浪漫譚が全28巻中18巻まで無料で読めちゃいました!

≫U-NEXTで映画『るろ剣』過去3シリーズを無料でイッキ見!

次におすすめなのが、『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』になります。

これも無料トライアルの体験で1100ポイントがもらえます。

但し、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは、『るろ剣』シリーズは各440ポイントとなり、3シリーズで合計1,320ポイントが必要となるため、少額ですが足りない分の220ポイントの課金が必要になります。

こちらについては、若干の課金が必要となりますが、たったの220円で映画『るろ剣』3シリーズを見ることができるので、既にU-NEXTの無料トライアルを試してしまった方にオススメです。

≫TSUTAYAで映画『るろ剣』過去3シリーズをお得に見る!

また、Amazonプライム、dTVでもレンタル配信していますが、無料トライアルでの付与ポイントが無いので、有料となってしまいます。

その他、Netflixでは見放題となっていますが、そもそも無料トライアルがないので、月額利用料が発生するためお得ではありません。

 

まとめ

今回は、るろ剣映画の順番は?全シリーズを無料視聴する方法も紹介といった内容をお届けしてきました。

映画『るろ剣』の過去3シリーズは、下記順番で放映されたので、もう一度見たい方、初めて見る方は参考にしてくださいね。

  1. 『るろうに剣心』2012.8.25 公開
  2. 『るろうに剣心 京都大火編』2014.8.1 公開
  3. 『るろうに剣心 伝説の最期編』2014.9.13 公開

また、映画『るろ剣最終章The Final、The Beginning』を見る前に、もう一度お得に過去3シリーズを見たい方は、『U-NEXT』無料トライアルでもらえるポイントで、完全無料で見ることができるので試してみて下さい。

≫無料で映画『るろ剣』過去3シリーズをイッキ見!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。