新解釈三国志

新解釈三国志ロケ地は静岡県と千葉県?口コミや目撃情報を紹介

新解釈三国志映画ロケ地静岡県のどこ?口コミや目撃情報を紹介

Pocket

こちらの記事では、新解釈三国志ロケ地は静岡県と千葉県?口コミや目撃情報を紹介をお届けしていきます。

新解釈三国志の映画は2020年12月11日(金)から公開ですね!

主演の大泉洋さんやムロツヨシさんたち豪華キャストに、あの福田雄一監督の解釈の三国志だなんて、大注目ですよね!

その新解釈三国志のロケ地が静岡県と千葉県なのではないかという話があったのですが、本当なのでしょうか?

本当だとしたら、静岡県と千葉県のどこの場所なのでしょうか?

ロケ地とされる場所についてのいろいろな口コミや目撃情報を調査していきますね!

それでは、新解釈三国志ロケ地は静岡県と千葉県?口コミや目撃情報を紹介を最後までご覧ください。

 

新解釈三国志ロケ地は静岡県?

新解釈三国志は、福田雄一監督が大泉洋さんありきでこの映画をつくることになったようですね♪

さて、大泉洋さんはじめ豪華キャストの皆さんたちが行ったロケ地は静岡県と千葉県だったとの情報がありました。

静岡県と千葉県のどこの場所だったのでしょうか?

それでは、新解釈三国志のロケ地を調査していきましょう!

まずは静岡県のどこの場所をなのかを見ていきます!

 



新解釈三国志ロケ地1:静岡県裾野市


↑福田雄一監督のこのツイートは、新解釈三国志のロケのことのようです。

新解釈三国志の映画のロケは2019年4月~5月にされていたようです。

発表前のため、福田雄一監督はあまりつぶやけずにもどかしい感じですね。

新解釈三国志のロケ地、富士山が見られる場所ですね↑

新解釈三国志の映画のロケ地が、静岡県のどこなのか具体的にあげていきますね!

 

静岡県裾野市での口コミや目撃情報を紹介

↑こちらは、日テレ系の朝の情報番組を見た方のツイッター情報です。

新解釈三国志の映画のロケ地は、静岡県裾野市のようですね!

もう1件「ZIP!」を見た他の方から、同じ場所についての情報がありました↓

↑こちらの新解釈三国志についてのツイッター情報も、かなり参考になりますね。

こちらの方が、静岡県裾野市のスタッフの方に聞いたという「来週福田監督の撮影でここ使うんですよ〜」というお話、有力情報ですね!

2つのツイッター記事の後ろに写っている富士山、福田雄一監督のツイッターの富士山とよ~く見比べてみてください。

富士山の形、一緒ですよね!

同じ場所の可能性が高いですね。

富士山の雪の量から、福田監督がツイートした2019年5月より「ZIP!」の画像の方が早い時期のようです。

新解釈三国志の映画のロケは2019年4月~5月にされていたようなので、↑すぐ上のツイッター記事の左上にも昨年4月と一致していますね。

こちらの静岡県裾野市のロケ地は、ツイッター情報にもあるように、映画キングダムのセットに使われていた場所なのだそうです。

キングダムを見た方は、新解釈三国志の映画をさらに楽しめそうですね!

私はキングダム好きなので、新解釈三国志の期待がさらに膨らみました。


↑ロケセットの一般公開は2019年のものです。


この場所に行きたかったなぁ。

新解釈三国志ロケ地の静岡県裾野市は、富士サファリパークのすぐ近くでした↓

住所:静岡県裾野市須山2255-39

↓今はロケセットは壊されているようですが、新解釈三国志やキングダムの雰囲気が味わえるかもしれませんね!

というわけで、新解釈三国志映画のロケ地、1つ目は静岡県裾野市のようです。

 

新解釈三国志ロケ地2:静岡県富士宮市

またもや福田雄一監督のツイートをお借りしました↑

は、静岡県の新解釈三国志映画ロケ地のもう一つの場所についてご紹介していきます。

 

静岡県富士宮市での口コミや目撃情報を紹介


まずは、福田雄一監督の写真と似たような、しかも新解釈三国志の映画に参加した方と思われるツイッター記事を見つけました!

福田雄一監督の記事の富士山と、↑上の富士山、こちらも似てますね。

この富士山に似ている画像を探してみました!

福田雄一監督の画像をもとに、富士山の似たような形を調べてみると、静岡県富士宮市の朝霧高原でロケ地が組まれた可能性があるのではないかと思いました。


↑こちらは、新解釈三国志の趙雲(ちょううん)役の岩田 剛典さん(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、EXILEのメンバー)のファンの方のツイート記事だと思われます。

こちらにも、朝霧高原の文字が!!


↑そして、こちらが朝霧高原のテーマパークの従業員と思われる方の記事です。

福田雄一監督が新解釈三国志のロケハンの方と訪れたのであろう「ビュッフェレストラン富士山」という場所で、「あさぎりフードパーク」の施設の一つです。

「あさぎりフードパーク」についてはこちらです↓

静岡県富士宮市の富士山の大自然に囲まれた朝霧高原にある特産品の工場見学などが楽しめる食のテーマパーク。

https://asagiri-foodpark.com/

こちらの朝霧高原は、新解釈三国志以外にもさまざまな映画やドラマなどのロケ地として使われているようです。

こちらの朝霧高原は、静岡県富士宮市の北部・富士山西麓の標高700-1,000mに広がる高原です。

朝霧高原はとても広い場所であることから、新解釈三国志の映画の合戦シーンが撮影されたのではないでしょうか?

朝霧高原↓

参考までに、道の駅 朝霧高原の住所を載せておきます。

静岡県富士宮市根原 字宝山492−14

ちなみに、ロケ応援団!富士宮リンクタウンのホームページに、新解釈三国志の映画のロケの支援実績があるとの記載を見つけました!

新解釈三国志ロケ地2つ目は、静岡県富士宮市である可能性が高いですね!

 

新解釈三国志ロケ地は千葉県?

次は、千葉県の新解釈三国志のロケ地を調査していきましょう!

こちらは、新解釈三国志の映画のロケ地が千葉県であるという口コミ情報です↓

エキストラの募集も出ていたようです↓

2020年公開で、2019年4、5月撮影ということは、新解釈三国志の映画のことですね。

福田監督のツイッター記事も、2019年5月31日に2カ月撮ってた映画がとうとう昨日でクランクアップ‼️と書かれています↓

↑帰京途中に海ほたるに寄ってソフトクリームと書いてあるので、新解釈三国志の映画は千葉県でロケしていることは、間違いないですね!

 

新解釈三国志ロケ地3:鋸南町

先ほどのエキストラの情報を書いていた方のツイッターで、撮影場所は鋸南とありましたので、この場所から調査していきます。

 

千葉県鋸南町での口コミや目撃情報を紹介

こちらは福田雄一監督のツイッター記事です↓

↑新解釈三国志の映画のロケは2019年4月~5月にされていたようなので、ロケが始まる前の2019年1月に場所探しに行った時のものだと思われます。

福田雄一監督お忙しそうですね。

ところで、山のある場所はいったいどこなのでしょうか?

福田雄一監督のツイッター記事にあった場所は、千葉県鋸南町の元名採石場跡地のようです。

↑↓新解釈三国志の映画で賀来賢人さん演じる周瑜(しゅうゆ)と矢本悠馬さん演じる黄蓋(こうがい)のシーンはこの場所で撮影したのではないかと思われます。

この場所は、戦隊ものや爆破シーン、数多くの映画・ドラマで使用されてるそうです。

↓千葉県鋸南町元名採石場跡地

住所は千葉県安房郡鋸南町元名1854です。

採石場入口は鍵がかかっているそうです。

ちなみに、この場所の使用料金は10万円でした。

新解釈三国志ロケ地3つ目は、千葉県鋸南町である可能性がありますね!

 

新解釈三国志ロケ地4:君津市

↑こちらのポスターに新解釈三国志の映画は千葉県で撮影されましたと、書いてありますね。

その場所が君津市であることも下のほうに書いてあります。

千葉県の鋸南町だけでなく、君津市も撮影場所になっていたようですね!

 

千葉県君津市での口コミや目撃情報を紹介


↑ 新解釈三国志の映画の展示のツイッターを調べている時に、こちらの記事も見つけました!

では、新解釈三国志の映画のロケ地は君津市のどこの場所でしょうか?

上のツイッター記事にもちらっとありましたが、千葉県フィルムコミッション公式ホームページに、新解釈三国志の映画の桃源の誓いのシーンは(君津市の)三舟山で撮影されましたと記載がありました。

三舟山だけが、新解釈三国志の映画の撮影がされた場所だとはっきりと書かれていました!

ロケ地の三舟山で撮影されたシーンは、最初の桃源の誓いのシーンです↓

このロケ地、緑がいっぱいのステキな場所ですね。

新解釈三国志の映画撮影は三舟山の上の方なんですね。

その場所に行くのに、30分くらい山を歩くという高い(?)ハードルがあるようです。

↑三舟山、自然がいっぱいでいい場所ですね。

新解釈三国志の映画以外にも、大河ドラマ「八重の桜」でもロケ地になっていたようですね。

千葉県君津市三舟山↓

住所は千葉県君津市小香。

三舟山は標高138.7mの房総丘陵の山の一つで、北側から西側にかけてに広がる小糸川流域の富津岬、東京湾の眺望が優れた山だそうです。

新解釈三国志ロケ地4つ目は、千葉県君津市の三舟山であることがわかりました

 

新解釈三国志ロケについて福田監督のツイッターを紹介!

↑こちらも福田雄一監督のツイッターの記事ですが、この大好きな大俳優さんって、大泉洋さんのことですよね!


↑こちらも福田雄一監督の大泉洋さん愛が伝わってきます!


↑大泉洋さんは新解釈三国志の映画のロケ後すぐに、ノーサイドゲームのロケに入ったそうで・・・


↑ノーサイドゲームは名作で大好きですが、新解釈三国志はノーサイドゲームの作風とは全く違うコメディー映画のようなので、楽しいロケだったのでしょうね(^^♪

新解釈三国志は楽しいロケで作られている映画なので、今日から俺は!!のような爆笑がついついこぼれてしまうでしょうね!

 

まとめ

今回は、新解釈三国志ロケ地は静岡県と千葉県?口コミや目撃情報を紹介ということで、お送りしてきました。

新解釈三国志ロケ地の静岡県については、1つ目の場所は裾野市、2つ目は富士宮市のようでした!

新解釈三国志ロケ地の千葉県については、1つ目の場所は鋸南町、2つ目は君津市のようでした!

今回は口コミや目撃情報から調査してきましたが、豪華キャストと凄腕スタッフが静岡県と千葉県の壮大なスケールのロケ地でめちゃくちゃ面白い映画を作っていたんだなぁと、確信しました♪

新解釈三国志は一度映画館で観ましたが、今度はロケ地を気にしながら観るのもいいなあと思いました。

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。